クレンジング剤が少なすぎるのは不可能

件数が少ないとスレが大きくなり、肌を傷める原因になります。適切な能力を続けることがポイント。指のお腹などで少し温めてから使用すると、メイク不衛生が落ち易くなります。

クレンジング剤をのせるのはTゾーンから

表情の皮膚の取り分け、案外皮膚の力強いTゾーンからクレンジング剤をのせていきましょう。Tゾーンの次に頬などのU幅へと伸ばしていきます。
力を入れ過ぎない

クレンジング剤をのせて指で優しく伸ばし、指先をすべらせるようにしながらクレンジング剤とメイクをなじませていきます。

力を入れ過ぎず、優しくなじませましょう。力を入れてゴシゴシ擦り付けると先端カテゴリーにキズがつき、肌荒れを導く原因になります。
ぬるま湯で十分に流す

注ぐ際はぬるま湯をつぎ込み、小気味よくすすぎましょう。お湯が熱すぎると肌が乾燥しやすくなり、また白々しい水だと油が落ちきりません。クレンジング剤が残らないように、徹底的にすすぎましょう。

クレンジングは、肌の1日の疲労をリセットする大切な事務です。明日の美肌を育て上げる結果と思って、面倒くさがらずに丁寧に行いましょう。HP