ハリのいる肌に必要な中身

「ハリの生じる肌」とは、みずみずしくピーンと張っていて、はずむような張りがいる若々しい肌の場所。反対にハリが低下すると、何ら気分が抜けてしぼんです風船のように、皮膚が垂れ下がって、まぶたの身の回りやほうれい線、フェイス体型などのたるみが目立つようになり、老けた感じになります。

つまり、肌のハリとは、インプレッション年齢を決めたり、若い感じを保ったりするのに欠かせない中身ということになります。

肌のハリの構造

肌は、上述から「肌」「真皮」「皮下メカニズム」という3域構造になってあり、上述から2番目の真皮は、主に「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」という3つの成分で構成され、肌を後述から支えてハリや張りを維持しています。

コラーゲン

丈夫なタンパク質からできた線維で、真皮の約70%を占めます。コラーゲンは真皮内に網目状に張り巡らされてあり、ベッドのマットレスに置き換えると、スプリングの役割を行う。

エラスチン

エラスチンもタンパク質でできた線維で、ゴムのような張りがあるのが特色です。コラーゲンの面々をつなぎ止めるように支えてあり、ベッドのマットレスに置き換えると、スプリングをつなぎ止める結束一品の役割を行う。

ヒアルロン酸

コラーゲンとエラスチンのコアを埋めつくす、水分を腹いっぱい含んだ弾力のあるゼリー状の成分です。ベッドのマットレスに置き換えると、スポンジ部分の役割を行う。

こういう3つの成分は、真皮に存在する「線維芽細胞」によって生み出されますが、線維芽細胞の思いが衰えると、コラーゲンなどが変性したり、減少したりして、ハリや張りの落ち込みへとつながります。参照ページ