洗顔時の洗いすぎに気を付けて!

肌を乾燥させる原因ですよ!

乾燥始める瞬間、そして冷房、それらが私達の肌を乾燥させているとおもっていませんか?

それは実は異なるのです。

肌の乾燥の原因は、残念ながら加齢が一番のわけなのですが、それ以外に、洗顔のし過ぎが原因として考えられているのです。

肌の乾燥ってそもそも如何なる場合?

肌が乾燥すると言うことは、肌の角質部類の水分が少なくなることです。健全は肌の角質部類は約20%の水分を含んである。そちら以下になることが、肌が乾燥やる病状、乾燥肌ということになります。

では、いったいどう肌は乾燥講じるのでしょうか?

乾燥肌のわけ

それは、肌のセラミドが大きく関係しています。

セラミドって一度は聞いたことがあると思います。セラミドとは、私達の肌の角質部類に起こる細胞内脂質とよばれる、脂肪で、水分を抱え込む習性をもってある。

そのセラミドは、加齢によって減少しますが、洗顔のし過ぎによってもセラミドが失われるのです。

ゴシゴシと著しくこすったり、日に何度も洗顔したりすると表皮の角質部類を痛め付けることになり、そこからセラミドが洗い流されてしまう。

また、洗い成分の硬い界面活性剤なども油分ですセラミドを洗い流してしまう原因にもなりますので、凄い洗い成分のクレンジングなどを扱うこともセラミドを切り捨てしまう原因にもなります。エンビロンの最安値情報サイト